エネルギー産業向けソリューション

OPTISエネルギー産業向けソリューションの導入により、最高の安全性を実現する全インフラを構築することが出来ます。

  • 建設時の安全性向上
  • 電力生産量を最大化
  • 費用のかかる訓練や実際の現場で実施不可能な訓練をバーチャル化
さらに情報をお求めですか? お問い合わせ

フォーム内にエラーが発生しました

メッセージは正しく送信されました.

化石エネルギー、再生可能エネルギー、もしくは原子力エネルギーかどうかにかかわらず、

あらゆる場所にくまなくエネルギーが供給されています。

OPTISエネルギー産業向けソリューションは様々な革新的なツールを取り揃えており、

エネルギーとその生産、消費、メンテナンス、そしてインフラの解体工程をシミュレーションすることが出来ます。

エネルギーを解析

太陽エネルギーと原子力エネルギーにおいては、その電力を簡単に解析できます。

ソーラーパネルを再現し、様々な環境下で発生電力を最大化するための

設置場所をシミュレーションします。

原子力エネルギーに関しては、核融合におけるプラズマ性能

および光学装置の反応を評価します。

高精度、高性能のOPTISエネルギー産業向けソリューションで

安全性と電力生産の効率を最大化できます。

容易なインフラ管理

取り扱うエネルギーの種類によらず、エネルギー生産用設備の取り扱いは

容易ではありません。

OPTISソリューションは、設備の稼働に求められる様々な操作をテストし、

真に人間中心の設計を行うためのシミュレーションを容易に実行できます。

バーチャルリアリティソリューションを活用するとインフラの

バーチャルモデルを作成し、様々な稼働状況を作業員とシステム・機器との

相互作用を含めて検証することが出来ます。

作業強度や干渉を検証によって減少させ、安全性の大幅な改善につなげます。

さらに、実環境では再現不可能なシステム内の過酷な環境を再現し、

オペレーターの訓練を実施します。

さらに、メンテナンスまたは解体作業時のオペレーターへの放射線を

シミュレーションし、退出経路を最適化するとともに緊急事態における行動を

決定することが出来ます。

新しいOSD機能を使用すれば、ピラミッド型光学屈折をデザインするのにものの数分しかかからない。うちのCADデザイナーは以前であれば同じことに数日かけていた。

Brian Johnson - エンジニアリング担当ディレクター | AGM Automotive, Inc.