建築向けソリューション

OPTIS建築向けソリューションを導入すれば、魅力にあふれ、刺激的で想像力豊かな建築物とインテリアを生み出すツールとして光を扱うことが出来ます。

  • ライティングを極めることによって、傑作と呼ばれる建築物や空間を創出
  • 施工直前の仕様変更による追加コストを削減
  • 自然光を生かしてエネルギー効率の良いライティングを実現
さらに情報をお求めですか? お問い合わせ

フォーム内にエラーが発生しました

メッセージは正しく送信されました.

デザインと効率の共存

建築において光はこの上なく重要な意味を持っています。OPTIS建築向けソリューションを導入すれば、

光を有効活用しながら空間をデザインし、感性に訴えかける設計が可能になります。

照明の性能や外観の美しさを犠牲にすることなく高エネルギー効率の照明を開発し、印象的な空間を創出できます。

自然光と反射光を自在に操りながらデザインを作り上げ、光を有効に活用した建築物は、

そこに住む人や働く人に快適さを提供します。

プロセスの見直し

LEDが利用されるようになり、あらゆる建築プロジェクトで光はその一部と考えられるようになりました。

OPTIS光学シミュレーションでは、デザインと材料を合わせた総合的な選択が可能になります。

バーチャルプロトタイプを使用することにより、設計段階で、デザインの共有が可能となり、

非常にユニークなデザインでも自由にテストすることが出来るようになりました。

建築物は、人々に利用されることが前提です。OPTISソフトウェアは物理則に基づくシミュレーションを行い

ヒューマンビジョンシミュレーションを提供します。

つまり画面上に見えるものが完成時、実際に目にするものです。

建築物を3Dで正確に再現し、様々な材質や色、表面の質感を変えながらシミュレーションを行います。

建築物に光がどのような作用を及ぼすかを正確に観察し、美しい色彩、材料、形、そして照明の組み合わせを選択します。

バーチャルリアリティを活用すると、建築する前の段階で、建物に入ることが出来ます。

すべての組み合わせを検証し、居住者の感覚を再現し、施工前に最善策の選択が可能になります。


OPTISソフトウェアのおかげだ。当社は新しい光学形状設計ツールを使用して製品開発にかかる時間を短縮できると思っている。インドア、アウトドア用途の灯具に関して非常に価値ある評価経験を持つことができた。パワフルでユーザビリティも申し分ない。光学設計に携わる者すべてにとって有用と言えるだろう。

Marc-Henri Monier - M.Sc.A - テクノロジー&サポートグループ、光学設計者 | Philips Lighting North America