照明器具向けソリューション

OPTIS照明器具向けソリューションを導入すれば、グローバル市場のトレンドに沿うような、
環境に配慮した高効率、最高品質の製品を開発することが出来ます。

  • エネルギーとマテリアルの高効率利用
  • インテリジェント照明で、居住性の向上
  • 持続可能な照明の開発
さらに情報をお求めですか? お問い合わせ

フォーム内にエラーが発生しました

メッセージは正しく送信されました.

照明器具の設計

設計通りの照射範囲にすること、理想通りの光源を見つけること、そしてボタン一つで自動的にその環境に適合する照明を

設計することは照明の設計者にとって、共通の夢といえます。

1989年に創業されたOPTISはライティングのスペシャリストとして照明設計を容易なものにしました。

OPTISのシミュレーションによって、リフレクターの角度や大きさや形を計算し、基準を満たすパフォーマンスの評価が

可能になります。

そして、効果的な位置を決め、インテリジェント照明を創り出します。

Lighting suite | OPTIS

スピーディな照明設計

新しい光源の出現、急速に普及、進化する中で、次世代型照明、トーチ、信号機、自発光道路標識などの設計は

スピードが求められています。

OPTIS照明機器向けソリューションでは、スイッチを入れた際に照明がどう光るか、

パーツをどのように取り付けるかを確認することが出来ます。

OPTISソリューションには専門ツールが統合されており、照明を迅速に設計することが可能となっています。

工業用、商業用、家庭用の照明に光をともし、建造物や都市をこれまで以上に美しく彩ります。

Lighting suite | OPTIS


Erni LichtTechnik

Erni LichtTechnik社は、1959年から空港のライティングシステムを納入しており、
どのように省エネを実現しつつ、ランプの製品寿命を延ばすかという課題を持っていました。
同社はどのようにしてCADとOPTISの導入を決断したのでしょうか。


OPTISソフトウェアのおかげだ。当社は新しい光学形状設計ツールを使用して製品開発にかかる時間を短縮できると思っている。インドア、アウトドア用途の灯具に関して非常に価値ある評価経験を持つことができた。パワフルでユーザビリティも申し分ない。光学設計に携わる者すべてにとって有用と言えるだろう。

Marc-Henri Monier - M.Sc.A - テクノロジー&サポートグループ、光学設計者 | Philips Lighting North America