航空機産業向けソリューション

OPTIS航空機産業向けソリューションを導入すれば、革新的なライティングデザインが可能になります。
コックピットと客室デザインを改善し、デザインや設計にかかる時間とコストを削減し、より環境に配慮した設計プロセスを可能にします。

  • 効率的な製品開発
  • 安全基準、環境基準への適合
  • バーチャル環境下での評価とトレーニング
さらに情報をお求めですか? お問い合わせ

フォーム内にエラーが発生しました

メッセージは正しく送信されました.

航空機産業向けソリューションは開発リードタイムの削減によって、効果的なフロントローディングを実現できます。

設計プロセスのすべてのフェーズでバーチャルに検証することが可能になります。

aerospace suite | OPTIS

最高の安全性を保証

パイロットはフライト中、自身の目が頼りです。

OPTISソリューションでは、パイロットの目線からあらゆる状況下のコックピット内をバーチャルで評価します。

具体的には、視認性や可読性、さらに視野の快適性を確認することが可能です。

Aerospace suite | OPTIS

客室内のライティング

客室内を再現し、乗客が居心地の良い空間をバーチャルに作り出します。

乗客の印象に残る旅の体験として差別化を提供することが可能になります。

Aerospace suite | OPTIS

サステナビリティ(持続可能性)を保証

航空機のメンテナンス性の確認をバーチャル空間内にてインタラクティブに行うことが出来ます。

事前に保守作業が可能であるかどうか検証し、作業者の安全性確保や人体にかかる負荷への最適化を図ります。



飛行場の灯具の設計では、機械的機能、電気の問題、光学デザイン、様々な種類の問題点を解決しなければならない。ここでは光学機器といえども機械的な機能を兼ね備えていることがほとんどだ。だから光学デザインはエンジニアの取り組んでいる多様な問題のひとつにすぎない。光学デザインだけできてもスペシャリストとは呼べない。慣れるのが簡単で、光学デザインに親しみがないようなエンジニアでも容易に操作できるような光学デザインのツールが必要とされるは主にそういう理由からだ。

Richard Heppell - コアシステムエンジニアリングマネージャー | Bombardier Aerospace