ものづくりと環境への配慮

OPTISは光とリソースの有効活用を可能にするシミュレーションツールの開発に取り組んでいます。

Ecological commitment | OPTIS

最近ではエネルギー消費量を最小化し、設計と製造のプロセスでマテリアルの責任ある使用を図り、製品が環境に与える影響をできる限り抑えることが、製品やライティングシステムを設計するうえでの焦眉の問題点として挙げられています。

すべての業務において、OPTISは光とリソースの有効活用を可能にし、環境を保全するシミュレーションツールの開発に取り組んでいます。

  • 設計プロセスをより早く、よりエコに。物理プロトタイプをバーチャルモックで置換え
  • 灯具と照明システムのエネルギー効率を最適化
  • 低エネルギー消費のLEDを使用した照明システムのデザイン
  • 低エネルギー消費のムード照明
  • 自然光を最大限活用した製品や建築物
  • エネルギー損失の削減と光害の低減
  • ソーラーパネルの最適化
  • ソーラーセンサーの設計
  • 製品の小型化、資源消費の抑制、製品ライフサイクル終了後の環境負荷を低減