OPTISとレダーテックがCES 2018の自律走行開発の中心でライダーのシミュレーションを実施

OPTISとレダーテックがCES 2018の自律走行開発の中心でライダーのシミュレーションを実施mart and autonomous vehicles.

2018年1月09日 |

CES_LIDAR

ラスベガス(米国)、2018年1月9日/PRニュースワイヤー/ —
レダー・エコシステム(Leddar Ecosystem)の一員であるオOPTIS は、先進ライダー(LiDAR)システムの仮想試験を可能にし、スマート/自律走行車の設計プロセスを強化するため、レダーテックと提携
仮想プロトタイピングのグローバル企業であるOPTISと自動車のソリッドステート・ライダーで使用される特許デジタル信号処理技術を開発・所有するレダーテック社(LeddarTech Inc.)は本日、先進ライダー・ソリューションの産業用シミュレーションを可能にする提携を発表しました。

 

この連携により、運輸会社は仮想試験を行い、実際の始動前にレダーコア(LeddarCore)集積回路(IC)を使って開発された次世代ライダーを組み入れることができるようになります。
環境の認知が、自律運転能力の決め手です。OPTISのシミュレーション・ソリューションは、自律走行車でカメラとライダーの操作をバーチャルに再現し、実際の状況でシミュレーションを行うため使われており、レダーコアICを使って開発したライダー・システムの仮想試験をより安全で費用効率の高いものにしています。
レダーテックのジェネラルマネージャー、マイケル・プーリンは、次のように述べています。「自律運転性能の開発速度が加速し、量産車のマスマーケット・ソリューション商品化の競争も激しく、新技術の開発・統合サイクルを最適化するソリューションはどれも大きな価値をもたらします。オプティスの光学的シミュレーションツールは、OEMや一次サプライヤーがレダーコアICを使った開発で先手を打てるようにする上で、大きな役割を果たしています。実際のコネクテッドカーと同じ意思決定をする自律走行シミュレーターを提供することで、このツールは新ライダー・システムの高価で危険な実証試験をなくし、製品化に要する時間を短縮する一助となります」
レダーテックの高度な光センシング技術は、OPTISのスペオス(SPEOS)およびVRXシミュレーション性能を見事に補完しています。実際の物質測定によりオプティスは、自律走行機能を使ったバーチャルの閉回路シミュレーションでライダー・モデルを検証したりリアルタイムでライダーの正しい反応をシミュレーションしたりできます。
OPTISの自律運転・シミュレーション事業開発責任者であるGilles Galléeは、「両社の技術提携は、顧客と自律運転市場全体の利益になる包括的ソリューションを生み出します」と述べました。
OPTISの技術は、CES 2018のレダー・エコシステム館で実演をご覧になれます-テックイースト ラスベガス・コンベンション・センター セントラルプラザ(Tech East LVCC Central Plaza)-CP23ブース